ここ数日、いかにして早く文章を書くかを研究中。

書籍やネットで早く書くコツとか習慣について情報収集を繰り返しまして、その方法を実践中です。

生産性を上げるのもそうですが、調べていくと、早く書くほうが良いものが書けると言っている人が多い印象です。

頭の中のイメージや言葉を、できるだけ早く文章に書きだしてしまうほうがよいと。

考えながら書いていると、行ったり来たりを繰り返して、完成形になるまでに頭の中のイメージや言葉が消えて行ってしまう現象が起きるのですね。

早さは質を担保する、そんなライティングの速さの次元があるのです。

で、具体的にはどのくらいかというと、1時間で5000文字を目指したい。
そんなことできるんかい!と心の中で突っ込みを入れているのですが、そう思っている間は絶対に伸びないですからね。

実際、そのくらいのスピードで執筆をしている人が世の中にはいるんです。知ってしまったのです。

もちろん、素材集め、取材、リサーチなどがあらかじめ必要な場合は、その時間はライティングに含まれないです。でも頭に入っていることを書くだけであれば、1時間に5000文字はできるはずなのだとか。

それだけ書けたら、1日でもかなりの量書けるでしょ?
量を書いてもいいし、各時間を短縮して、余った時間でほかのことをするのもいいですしね。

 

仕事のスピードを速める方法の基本は、まず必ず期限を決めることです。お尻が決まらないと絶対早くはならない。ライティング以外の仕事で経験済み。

なので、ライティングにおいても1時間なら1時間と決めて、タイマーでセッティング。時間内は自分を追い込みます。

時間と文字数を記録して、ちょっとずつでも早めていくように挑戦する。そうすると筋肉を鍛えるようにスピードも速くなるはずですね。

そしてもう一つ大事なのは環境づくり。ライティング中は音が出るものは排除。例えばスマホとかも全部オフにします。そしてネットもつながないようにします。ネットがつながっているとつい調べものなどしてしまいそうになるでしょ? 調べるのは後でまとめてやるほうが早い。頭の中の文章はまず書ききってしまうようにします。

ってやろうとすると、あぁーめんどいなーとか、環境が整ってないとなーとか、いろいろあたまのなかで言い訳が出てくるので(笑)それはいったんストップさせる。やると決めたら取り組んでみるのです。

まぁ、なんかスポーツみたいな感じですね。

どこまでできるか?

定期的にこういうチャレンジをするのは楽しいもんです。